子育て支援ニュース
 子育て支援ニュース

ニキビ一緒に治そうProjectが「思春期ニキビに関する調査」の結果を公表

子育て支援 新着30件






























ニキビ一緒に治そうProjectが「思春期ニキビに関する調査」の結果を公表

このエントリーをはてなブックマークに追加




マルホ株式会社が行っている『ニキビ一緒に治そうProject』は、11月12日(金)(いいひふの日)に合わせて、「思春期ニキビに関する調査」を実施して、調査の結果を公表した。

子育てNS
(画像はプレスリリースより)
思春期ニキビには適切なアドバイスが重要
調査は小学4年生から中学3年生までの子供を持つ母親を対象に行ったもので、1,256名が回答した。

調査の結果、小学4年生から中学3年生のうち、約半数がニキビを発症していることが判明。このうち顔のニキビの保有率は49.7%を占め、保有率と重症度は、男女ともに学年が上がるにつれ高くなる傾向が見られた。

子どもがニキビについて相談しやすい相手としては、母親という回答が89.6%を占め、次いで父親が15.3%。友人が12.4%と続いた。

また、 ニキビへの対処としては「洗顔を念入りにした」という回答が最多だったが、対処方法の満足度は「医療機関の受診」をした場合が最も高く、他の対処方法では10%未満という結果だった。

医療機関での治療は、高い満足度と確実な有効性が期待できることから、子どものニキビ痕のリスクを低下させるには、思春期ニキビの発症直後に医療機関受診を促すことが重要だと言えそうだ。

■ニキビ一緒に治そうProject公式サイトURL:
https://www.maruho.co.jp/kanja/nikibi/index.html
Amazon.co.jp : 子育てNS に関連する商品



  • 阪神電車、「ぼくとわたしの阪神電車」 みんなの絵を大募集!(6月29日)
  • 【調査結果】子どもにスマートフォンを持たせた年齢は?1位は『中学1年生〜中学2年生』!おうち教材の森が調査結果を公表(6月14日)
  • 赤ちゃんとコミュニケーションがとれる「ベビーサイン体験教室」が、トイザらス・ベビーザらスで3年ぶりに開催(6月8日)
  • 子どもの体力や発育発達を科学の視点から学べる「知ってはりましたスクール」がスタート(6月1日)
  • 幼稚園の預かり保育後の送迎負担解消へ、横浜市で「AI活用型オンデマンドバス」実証実験を開始(5月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ