子育て支援ニュース
 子育て支援ニュース

子どものケガへの対処、正しくできる自信ありの親は8.5%

子育て支援 新着30件






























子どものケガへの対処、正しくできる自信ありの親は8.5%

このエントリーをはてなブックマークに追加




夏の外遊びで気になるケガ
ニチバン株式会社は7月4日、3~12歳の子どもをもつ全国の親400人を対象とした「夏の外遊びとケガ」に関する調査を実施し、その結果を公開した。調査は2023年5月9日~11日の期間、オンライン調査で行ったものという。

子育てNS
今夏、子どもとアウトドアやレジャーに出かけたいか尋ねたところ、「とてもそう思う」が50.8%、「まあまあそう思う」が41.0%で、合計すると91.8%の親が出かけることに積極的だった。コロナ禍の制限も緩和され、外出意欲が高まっている。

子育てNS
今年、子どもに挑戦させたい夏のアウトドアを尋ねると、1位は「BBQ」の59.5%、2位が「キャンプ」の53.8%だった。3位は「海水浴」の39.8%、4位に「アスレチック」の39.0%が続く。

子育てNS
こうした外遊びで不安に思うことは何か尋ねたところ、「熱中症や脱水症状」が74.0%で最も多かったが、次いで「ケガ」が70.5%にのぼった。この2項目が突出し、3位は「迷子や失踪」の38.0%になっている。

子育てNS
応急処置アイテム常備は約3分の1
心配する親も多い「ケガ」だが、いざケガをした時、正しい処置ができると思うか問うと「とてもそう思う」は8.5%にとどまった。「どちらとも言えない」が37.8%で最も多く、「まったく思わない」が4.3%、「どちらかというとそう思わない」は20.8%で、この2つを合わせた4人に1人の親は自信がなく、不安を感じていると分かる。

子育てNS
アウトドアやレジャーで救急セットや応急処置アイテムを持ち歩いているかどうか尋ねた結果では、「常に持ち歩く」は36.3%だった。「たまに持ち歩く」は38.3%で、常備は3人に1人程度だが、「たまに」も合わせると約4人に3人が何らかの用意をしていた。

子育てNS
ではどんなアイテムを持ち歩いているのか、具体的に尋ねると「救急絆創膏」が95.3%で圧倒的に多く、2位の「消毒液」の35.6%に60ポイント近い差をつけての1位になった。携帯利便性の高さが支持につながっているとみられる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ニチバン株式会社 プレスリリース
https://www.nichiban.co.jp/news/2023/07_02/

Amazon.co.jp : 子育てNS に関連する商品



  • 『発達障害・愛着障害・小児期逆境体験(ACE)のある親子支援ガイド』が、合同出版株式会社から発売(4月17日)
  • 「スポーツ×子ども食堂」イベントが、S.C.P. Japan・おおくわこども食堂・TSUTSUJI株式会社の協働で開催!(4月10日)
  • 子ども向け体験アプリ『ごっこランド』に、新ゲーム「ホップ!ステップ!ジョイオンプー!」が登場(4月4日)
  • ベビーカーレンタルサービス「ベビカル」が、北海道・小樽でサービス開始!(3月27日)
  • 「小学校の入学祝いに何を贈る?」兵庫ヤクルトが、ヤクルトレディ100名を調査(3月21日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ